健康用語WEB事典

プリナブリン(plinabulin)

ジケトピペラジン構造を有する微小管チューブリン)作用フェニラヒスチンリード化合物として化学構造を変化させ、抗がん活性を持たせたもの。難水溶性*1*2*3

プリナブリンの化学構造

プリナブリンとその誘導体は、コルヒチン結合部位周辺のα-チューブリンおよびβ-チューブリンサブユニット境界面に作用することで微小管の脱重合を誘導することが示唆されている。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 新規ジケトピペラジン型微小管作用薬を用いた創薬指向型ケミカルバイオロジー研究 (KAKENHI-PROJECT-21790118): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21790118/
*2難治性疾患の治療薬開発に果敢に挑む!|研究者が語る 東薬の先端研究|研究活動|東京薬科大学: https://www.toyaku.ac.jp/research/advanced/20191102-82.html
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 微小管を標的とした抗がん剤の創薬・ケミカルバイオロジー・化学薬剤学展開 (KAKENHI-PROJECT-20390036): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-20390036/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プリナブリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileplinabulin.png 閲覧数 10回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-09-28 (月) 10:46:15