健康用語WEB事典

プリンヌクレオチド(purine nucleotide)

ヌクレオチドのグループのひとつ。核酸塩基としてプリン塩基を持つヌクレオチドであり、プリンヌクレオチドしてプリン塩基と言う場合もある。

食物中のプリンヌクレオチドリン酸基が外されてプリンヌクレオシドとなり、加リン酸分解によってその核酸塩基プリン塩基)が切り離される。

その遊離した核酸塩基は全てキサンチン代謝され、最終的には尿酸となり尿で排泄される。*1*2

核酸を構成するプリンヌクレオチドには以下のものがある。

*1秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学
*2福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 核酸の異化代謝: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/deg_na.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プリンヌクレオチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-19 (火) 08:17:09