プルキンエ細胞(Purkinje cell)

小脳皮質プルキンエ細胞層を構成する大型の神経細胞。その名前は発見者であるヤン・エヴァンゲリスタ・プルキンエ(Jan Evangelista Purkinje)に由来する。

プルキンエ細胞は樹状突起分子層へ伸ばして、そこで10万以上のシナプスの入力を受ける。

小脳皮質の中で唯一情報を出力する神経細胞小脳皮質の情報処理の結果はプルキンエ細胞の活動電位によって表現される。また、γ-アミノ酪酸GABA)を神経伝達物質として放出する抑制性ニューロンであり、小脳の深部にある小脳核に情報を出力する。*1

下オリーブ核由来の登上線維からも入力を受ける。

*1小脳皮質のニューロン・回路と機能 平野丈夫 京都大学理学研究科: http://www.neurosci.biophys.kyoto-u.ac.jp/pdf/cerebellarneuron.pdf

プルキンエ細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-01-17 (水) 19:07:44