健康用語WEB事典

プレガバリン(pregabalin)

興奮性神経伝達物質の遊離を抑制する有機化合物線維筋痛症の痛み止めや帯状疱疹後神経痛の治療などに用いられる。商品名はリリカ(製造販売: ファイザー株式会社)。

プレガバリンの化学構造

眠気や目眩が現れることがある。また、アルコール類によって作用が強まる場合がある。

プレガバリンは,糖尿病性ニューロパチー?帯状疱疹後神経痛などのさまざまな神経障害痛に対して有効であるが,眠気,めまい末梢性浮腫?などの副作用も多く報告されている.プレガバリンは未代謝体が尿中に排泄されるため,機能が低下している患者では,プレガバリンの血漿濃度が高くなり,副作用が発現しやすくなる.*1

*1日本ペインクリニック学会誌 福井大学医学部器官制御医学講座麻酔・蘇生学領域 プレガバリン内服に伴う副作用発生と危険因子の検討 2015/6/26: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspc/22/2/22_14-0055/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プレガバリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepregabalin.png 閲覧数 353回 [詳細]

この用語を編集/画像添付
このページの最終更新日時: 2018-01-12 (金) 18:52:46