健康用語WEB事典

プロクロルペラジン(prochlorperazine)

統合失調症、術前・術後等の悪心嘔吐に対する治療薬。抗ノルアドレナリン、抗ドーパミン、抗セロトニン作用を持つ。商品名はノバミン*1

プロクロルペラジンの化学構造

D2受容体拮抗作用およびヒスタミン受容体遮断作用を有する。副作用である錐体外路障害の発生頻度は10%程度とされる。オピオイドにより誘発される悪心嘔吐に対する制吐薬第一選択薬とされるが、その予防効果は明らかではないという報告がある。*2

*1ノバミン錠5mg: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1172010F1037_4_05/
*2オキシコドン誘発悪心・嘔吐に対する予防的制吐薬の使用状況とその効果 名古屋大学医学部附属病院薬剤部 久米初枝 宮崎雅之 加藤博史 山田清文 前田愛 名古屋大学医学部附属病院化学療法部 十九浦宏明 杉下美保子 足立康則 安藤雄一: https://plaza.umin.ac.jp/jpps/issue/magazine/pdf/0903_02.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プロクロルペラジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileprochlorperazine.png 閲覧数 100回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-14 (土) 18:17:40