プロテインS(protein S)

肝臓で産生される、ビタミンK依存性のタンパク質*1

活性化プロテインC補酵素となり、血液凝固第Ⅴa因子血液凝固第Ⅷa因子?を不活化させる。

血液中では60%が補体であるC4bと結合している。C4bと結合していない遊離したプロテインSのみが抗凝固作用を持つ。全身性エリテマトーデスネフローゼ症候群、妊婦、経口避妊薬の服用によって遊離したプロテインSの量が減少する。*2

*1岡山大学 プロテインS, protein S: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/gyouko/ps.htm
*2抗血栓療法中の区域麻酔・神経ブロック:総論 止血機構: https://www.jspc.gr.jp/Contents/public/pdf/shi-guide07_07.pdf

プロテインSに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-15 (金) 15:46:02