プロテオグリカン(proteoglycan)

タンパク質アミノ糖ウロン酸からなるグリコサミノグリカンが結合した、の割合が高い糖タンパク質前駆体グルコサミン*1*2*3*4

プロテオグリカンは糖鎖コアタンパク質に結合したものであるため,広義では糖タンパク質の仲間だが、一般の糖タンパク質には見られない特徴を持つことから、プロテオグリカンの名で区別される。*5

例えば、一部のグリコーゲンタンパク質であるグリコゲニンに多量のグルコースが結合した糖タンパク質であり、プロテオグリカンのひとつである。*6

*1新潟大学 糖鎖合成酵素を制御することで“中枢神経損傷からの再生治療”へ期待: https://www.med.niigata-u.ac.jp/bc2/news/press.pdf
*2西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*3学術情報発信システムSUCRA 理工学研究科生命科学部門 円谷陽一 植物のアラビノガラクタン-プロテインの構造と関連酵素: http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php/KY-AA12504266-05-02.pdf?file_id=34590
*4技術評論社 石浦章一 タンパク質はすごい! 心と体の健康を作るタンパク質の秘密(2014/1/5)
*5糖鎖の基礎知識 弘前大学 医学部 泌尿器科 畠山真吾: http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~uro/html/Research-Publications/Glyco_info_Hatakeyama.pdf
*6肝グリコゲニン その性質と生合成 Mary C. Gannon, Frank Q. Nuttall, 高田洋樹: https://www.jstage.jst.go.jp/article/tigg1989/8/41/8_41_183/_article/-char/ja/

プロテオグリカンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-24 (日) 10:55:32