健康用語WEB事典

プロトアネモニン(protoanemonin)

キンポウゲ科の植物に含まれる有害な有機化合物ラヌンクリン加水分解によって生じる。*1

プロトアネモニンの化学構造

皮膚に対する刺激性を持ち、ニリンソウの採取時には注意が必要。*2

乾燥や煮沸によって2分子重合して無毒なアネモニンとなる。

プロトアネモニンは、刺激性成分で皮膚粘膜を刺激し、心臓毒です。根を日干しすることによりプロトアネモニンは無刺激結晶のアネモニンに変化します。*3

*1農研機構 ウマノアシガタ: https://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_poisoning/plants/buttercup.html
*2東北大学大学院薬学研究科・薬学部 附属薬用植物園: http://www.pharm.tohoku.ac.jp/~yakusoen/goshoku/
*3東邦大学薬学部 薬用植物園 見本園 オキナグサ: https://www.lab2.toho-u.ac.jp/phar/yakusou/mihon/okinagusa.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プロトアネモニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileprotoanemonin.png 閲覧数 109回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-06-11 (木) 12:15:53