健康用語WEB事典

プロピレン(propylene)

エチレン水素1つがメチル基に置換された構造を持つアルケン石油に含まれる。

プロピレンの化学構造

常温では無色の気体(融点が-48℃)で空気より重く引火性がある。濃度が高いと酸素の欠乏による窒息の恐れがある。*1*2

ナフサを熱分解してエチレンを製造する際に副産品。プロピレンの重合体であるポリプロピレンプラスチックとして日常で広く使用されている。*3

*1PROPYLENE | CH2CHCH3 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/Propene
*2国際化学物質安全性カード(WHO/IPCS/ILO): http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0559c.html
*3「MTP(Methanol To Propylene)プロセスの設計」(メタノールからDME(Dimethylether)を経由してプロピレンを製造するプロセスの設計): http://altair.chem-eng.kyushu-u.ac.jp/scej_contest2015/download/processsim2015_v1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プロピレンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepropylene.png 閲覧数 416回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-31 (土) 17:16:33