健康用語WEB事典

プロペントフィリン(propentofylline)

キサンチン誘導体。商品名はビビトニン*1

プロペントフィリンの化学構造

細胞cAMP濃度の増加及びアデノシン細胞内取り込みの抑制作用を示し、アデノシンの作用を増強させる。この結果として血管平滑筋を弛緩させる。また、軽度の虚血時に投与されると虚血耐性現象を増強することが報告されている。これにはHSP70が関与する。*2*3

海馬神経細胞変性萎縮を阻止し形態維持に関与する可能性が示唆されている。

*1Bath PMW, Bath FJ, Asplund K 急性虚血性脳卒中におけるペントキシフィリン,プロペントフィリンとペンチフィリン術: http://cochrane.umin.ac.jp/JP/jp000162.htm
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 麻酔薬の脳保護作用の分子機構:熱ショック蛋白の動態解析 (KAKENHI-PROJECT-11877267): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-11877267/
*3東京医科大学学術リポジトリ Adenosine Potentiator(ジラゼプ及びプロペントフィリン)の加齢に伴うマウス海馬神経細胞に及ぼす影響:病理学的研究: https://tmu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=7274&item_no=1&page_id=13&block_id=72

ご意見・ご要望をお聞かせください。


プロペントフィリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepropentofylline.png 閲覧数 113回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-02-24 (日) 18:09:24