プロポフォール注⼊症候群(propofol infusion syndrome : PRIS)

プロポフォールによる細胞傷害および細胞死によって引き起こされる症状。最終的に多臓器不全となる。

プロポフォールミトコンドリア電子伝達系を撹乱し、活性酸素細胞で発⽣させることが原因とされる。*1

N-アセチルシステインによって抑制される。

*1関西医科大学 「プロポフォール」副作用の機序解明 副作用が生じるメカニズムと、そのリスク要因などを発見: http://www.kmu.ac.jp/news/laaes700000012xo-att/laaes700000012yc.pdf

プロポフォール注⼊症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-04 (木) 09:01:10