プロントジル(prontosil)

バイエル社研究所での共同研究者である Mietzsch と Klarer によって合成された赤色結晶化合物(アゾ色素)。

プロントジルの化学構造

マウスの連鎖球菌感染症に対する治療効果が確認された後、ヒトでも生体内でスルファニルアミド代謝され、抗菌薬として作用することが明らかになった。*1

*1サルファ剤 : 染料から生まれた薬(授業に役立つ薬のはなし) 高柳輝夫: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/41/8/41_KJ00003523081/_article/-char/ja/

プロントジルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileprontosil.png 閲覧数 81回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-22 (水) 09:07:18