健康用語WEB事典

ヘキソサミン(hexosamine)

ヘキソースを含むアミノ糖。ヒトの場合、ほとんどがグルコサミンとして存在する。*1

グルコースの代謝経路のひとつであるヘキソサミン経路の活性化は、細胞内外のタンパク質N-アセチルグルコサミンによる化学修飾を増加させることが知られ、これが糖尿病神経変性疾患などに関わる。*2

高血糖ではヘキソサミン代謝の亢進によって,その代謝経路の最終産物である UDP-GlcNAc が増加し,これを基質として,タンパク質への O-グリコシド結合型N-アセチルグルコサミン?O-GlcNAc?)の修飾が増加する。*3

*1ヘキソサミン代謝へのアプローチ とくに糖尿病のMicroangiopathyに関連して 大阪大学医学部第2内科 伏見尚子 垂井清一郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscc1971b/2/3/2_297/_pdf
*2名古屋大学 細胞と細胞外をつなぐ新しい仕組み(糖修飾)を発見: http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20111214_med.pdf
*3糖尿病合併症に伴う O-GlcNAc 修飾タンパク質の変化と糖転移酵素の役割に関する研究 秋元義弘 杏林大学医学部解剖学: http://plaza.umin.ac.jp/kyorinms/journal/40/18matome.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヘキソサミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:35