ヘマトクリット(hematocrit : Ht)

血液全体における赤血球の体積の割合(%)を示す数値。基準値は男性40~50%、女性35~45%。*1

ヘマトクリット値が低いと、血液中の赤血球が少ないか赤血球が小さいことを意味するため貧血が疑われる。逆にヘマトクリット値が高い場合は、血液が流れにくい状態となっており、病気としては多血症が疑われる。*2*3

平均赤血球容積MCV)および平均赤血球ヘモグロビン濃度MCHC)は以下のように計算される。

MCV = ヘマトクリット ÷ 赤血球濃度

MCHC = ヘモグロビン ÷ ヘマトクリット ÷ 赤血球濃度

*1主要検査項目の基準範囲 - 検査相談室 - 慶應義塾大学病院 臨床検査科: http://www.clinlab.med.keio.ac.jp/info/info1_4.php
*2技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)
*3朝日ソノラマ 山澤堉宏 人間ドックの検査値がわかる本(1997/9/25)

ヘマトクリットに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-08-07 (火) 15:16:25