健康用語WEB事典

ヘミアセタール(hemiacetal)

アルデヒドアルコールの反応によって形成される以下の構造。R2水素原子(H)以外。

ヘミアセタールの構造

同じ炭素原子ヒドロキシ基(‐OH)とエーテル結合(‐O‐)を持ち、4位に水素原子を持つ。*1

単糖類分子内にカルボニル基ヒドロキシ基の両方を持っているため、それらが結合してヘミアセタールを構成し環状構造を取る。

アルデヒドケトンカルボニル基は、アルコール求核付加反応?によってヘミアセタール構造を形成する。単糖は分子内にカルボニル基水酸基をもつため、分子内で環化する。*2

*1The Department of Chemisty at Elmhurst College, Synthesis of Hemiacetals: http://chemistry.elmhurst.edu/vchembook/704synhemiacetal.html
*2熊本大学 IHARA Lab., Applied Chem. & Biochem. 生体高分子化学 糖・オリゴ糖・多糖・糖鎖: http://www.chem.kumamoto-u.ac.jp/~wildcats/takafuji/download/bp2016-3.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヘミアセタールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filehemiacetal.png 閲覧数 219回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:36