健康用語WEB事典

ヘムセンサータンパク質(heme-sensor protein)

ヘム鉄酸素一酸化炭素一酸化窒素などが結合したり、ヘム分子そのものがタンパク質に結合、解離したりすることがシグナルとなり、別のドメインにある酵素活性や転写活性を制御するタンパク質*1

例えば,FixL?ではO2がN末端側のヘムに結合している場合は,C末端側のヒスチジンキナーゼ?の活性は見られないが,酸素ヘムから解離すると,キナーゼ活性が発現する.*2

*1北海道大学 ヘムの分析: https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/39163/1/67-048.pdf
*2東北大学多元物質科学研究所 Redoxセンサータンパク質 ヘム制御ホスホジエスエラーゼの構造と機能: https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/45/2/45_2_84/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヘムセンサータンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-02-12 (月) 14:46:06