ヘモグロビンF(hemoglobin F : HbF)

胎児期では主要なヘモグロビンα-グロビンγ-グロビンから構成される。

出生時には全ヘモグロビンの55~95%を占めるが、その後は急速に減少し、成人では通常1%以下となる。*1

*1金沢医科大学 ヘモグロビンF高値検体と疾患との関連性について: http://congress.jamt.or.jp/chubu56/pdf/general/0043.pdf

ヘモグロビンFに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-10 (日) 15:24:22