ベクロメタゾンプロピオン酸エステル(beclometasone dipropionate)

ベクロメタゾンプロピオン酸エステル。強力な抗炎症作用を持つステロイドグルココルチコイド)。プロピオン酸ベクロメタゾンとも呼ばれる。分子式は C28H37ClO7

ベクロメタゾンプロピオン酸エステルの化学構造

アレルギー性鼻炎および血管運動性鼻炎に対する点鼻薬の有効成分。商品名はコンタック鼻炎スプレーパブロン鼻炎アタックなど。*1*2

消化管GVH病移植片対宿主病)を抑制するためにも使用される。

プロピオン酸ベクロメタゾン(beclomethasone dipropionate: BDP)は,粘膜から吸収されたのち速やかに代謝をうけるため,全身的副作用が少ない活性型糖質コルチコイドである.抗炎症作用はデキサメタゾンの約600倍と強力なことから,全身副作用が軽減でき,かつ粘膜においてその効果・有用性が期待されるステロイドである.*3

*1「コンタック」ブランドから初のスイッチOTC「コンタック®鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用>」新発売 | コンタック(風邪薬): http://contac.jp/soken/release/news_31.html
*2パブロン鼻炎アタック 添付文書 - 大正製薬: https://www.catalog-taisho.com/explanationbook/04710_Explanation1.pdf
*3消化管GVHD(graft-versus-host disease)に対する経口ベクロメタゾン製剤の有用性の検討: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjphcs/40/5/40_291/_article/-char/ja/

ベクロメタゾンプロピオン酸エステルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filebeclometasone_dipropionate.png 閲覧数 141回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-05-21 (火) 13:17:33