健康用語WEB事典

ベツリン酸(betulinic acid)

白樺の樹などに含まれる五環性トリテルペノイド*1

ベツリン酸の化学構造

炎症作用や抗がん作用を有する。また、ベツリン酸誘導体であるDSBベビリマット?には抗HIV活性があることが報告されている。*2

タグ: 有機化合物 トリテルペノイド

*1柿が赤くなっても医者は青くならない複数の根拠(2) 柿帶・柿葉における生理活性成分の医学的知見 内田和秀: http://igakukai.marianna-u.ac.jp/idaishi/www/404/4-40-14Kazuhide%20Uchida.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 天然に広く分布するトリテルペノイドをリード化合物とした抗HIV薬の共同開発研究 (KAKENHI-PROJECT-11694321): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-11694321/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ベツリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filebetulinic_acid.png 閲覧数 46回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-12-02 (水) 20:47:08