健康用語WEB事典

ベペルミノゲン ペルプラスミド(beperminogene perplasmid)

肝細胞増殖因子HGF)を発現するプラスミド肝細胞増殖因子HGF)をコードする遺伝子cDNA)を含む5181塩基対からなる。商品名はコラテジェン*1

下肢筋肉細胞に導入され、細胞内で転写翻訳されてHGFを産生・分泌する。分泌されたHGF血管新生作用によって側副血行路が発達し、虚血状態を改善させるとされる。慢性動脈閉塞症閉塞性動脈硬化症バージャー病)における潰瘍や安静時疼痛の改善が期待される。*2

*1コラテジェン筋注用4mg - Pmda: https://www.pmda.go.jp/files/000229157.pdf
*2アンジェス株式会社 コラテジェン筋注用4mgに関する資料: http://www.pmda.go.jp/regenerative_medicines/2019/20190419001/111298000_23100FZX00001_B100_1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ベペルミノゲン ペルプラスミドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-04 (金) 14:58:55