ベンゼン(benzene)

最初に発見された芳香族化合物で、芳香族化合物を代表する化合物ベンゼン環とも呼ばれる。分子式は C6H6

融点5.5℃、沸点80.1℃。独特の芳香を持つ。合成樹脂や薬品など様々な用途に使用される。*1

ベンゼンの化学構造

ベンゼンは、1825年にファラデー(M. Faraday, 1791-1867)によって発見された。ファラデーは、当時照明用に天然ガス?を生産していた工場から副生する状物に注目し、これをくり返し注意深く蒸留することで、沸点 186°F(86°C)、融点 42°F(6°C)の純粋な液体を得た。*2

通常、二重結合を持つ化合物臭素と室温付近で容易に反応するが、ベンゼンはこの反応が起こらないほど安定的な化合物である。*3

*1ベンゼン - 環境省: https://www.env.go.jp/chemi/report/h15-01/pdf/chap01/02-3/60.pdf
*2名城大学理工学部応用化学科 永田研究室 講義資料:有機化学Ⅱ 講義資料 第17回 芳香族性: http://www2.meijo-u.ac.jp/~tnagata/education/ochem2/2017/ochem2_17.pdf
*3名城大学理工学部応用化学科 永田研究室 講義資料:有機化学Ⅱ 講義資料 第18回 芳香族化合物の反応(1): http://www2.meijo-u.ac.jp/~tnagata/education/ochem2/2017/ochem2_18.pdf

ベンゼンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filebenzene3.png 閲覧数 98回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:38