ベーチェット病(Behcet's disease)

皮膚粘膜に様々な炎症が起こる疾患。シルクロード病とも。アジアでの発症が多く、20~40代に好発する。*1

口腔内の粘膜アフタ性の潰瘍アフタ性口内炎)が必ず生じ、その他にも性器潰瘍皮膚発疹ぶどう膜炎などが起こる。関節炎副睾丸炎消化管神経血管の異常などが見られる場合もある。

1937年にトルコのイスタンブール大学皮膚科教授であったフルス・ベーチェット(Hulsi Behçet)によって報告された。*2

*1岐阜大学大学院医学系研究科、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の研究グループ A20 ハプロ不全症(若年発症ベーチェット病)の新たな病像と治療法を発見 米国学会誌「Journal of Allergy and Clinical Immunology」に論文が掲載: https://www.gifu-u.ac.jp/about/publication/press/20171212.pdf
*2ベーチェット病 | 帝京大学医学部内科学講座リウマチ・膠原病グループ/研究室: http://www2.med.teikyo-u.ac.jp/rheum/?page_id=25

ベーチェット病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-07-19 (金) 15:52:11