ペオニフロリン(paeoniflorin)

芍薬に含まれる抗炎症作用を持つ配糖体*1*2

ペオニフロリンの化学構造

熱ショックタンパク質を誘導する作用を持つ。*3

*1福山大学薬学部 漢方薬物解析学研究室: http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/KAMPO/kenkyunaiyou.html
*2CiNii 論文 -  ペオニフロリンの抗炎症作用,胃液分泌抑制作用,ストレス潰瘍予防作用,抗利尿作用および甘草成分FM100と併用効果 (芍薬の薬理学的研究-1〜3-): https://ci.nii.ac.jp/naid/110003654167
*3生物機能開発研究所 生理活性物質(糖質)プロジェクト 平成 18 年度研究成果報告書 プロジェクトリーダー:大塚健三: http://stu.isc.chubu.ac.jp/bio/public/ann_rep_res_inst_biol_funct/annual-report_v7_2007/pdf/002.pdf

ペオニフロリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filepaeoniflorin.png 閲覧数 18回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-04-11 (木) 12:47:37