ペプチドグリカン(peptideglycan)

細菌細胞壁を構成する成分。糖鎖ペプチドからなる。

糖鎖N-アセチルグルコサミンN-アセチルムラミン酸から成り、N-アセチルムラミン酸に結合したペプチドが橋渡しの役割を担う。*1

リゾチームによって加水分解される。

*1豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 生命科学研究室&遺伝子工学研究室 Ampicillin ペプチドグリカンの構造: http://rna.ens.tut.ac.jp/html_links/methods/cultivation/amp.html

ペプチドグリカンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:40