ペリラアルデヒド(perillaldehyde)

シソに含まれるテルペンで、シソの主要な香気成分。特にチリメンアオジソやカタメンジソに多い。ペリルアルデヒドとも。*1*2

ペリラアルデヒドの化学構造

マクロファージ食細胞)による炎症性サイトカインの生産抑制によって腸炎を抑制することが報告されている。

シソが持つシトクロムP450の一種によって、リモネン基質ペリリルアルコールを生成し、それを酸化することでペリルアルデヒドが合成される。*3

*1日本農芸化学会誌 “しそ”および“かためんじそ”の精油成分について: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/50/8/50_8_345/_article/-char/ja/
*2シソの香りによる腸炎の緩和 シソを食することで腸内環境を改善 東京理科大学: https://www.tus.ac.jp/ura/pressrelease/pdf/180326.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 多様性を持つシソ属植物精油成分の生合成経路および制御機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-16K18902): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16K18902

ペリラアルデヒドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: fileperillaldehyde.png 閲覧数 34回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-11-08 (金) 20:36:19