健康用語WEB事典

ホスファチジルイノシトールリン酸(phosphatidylinositol phosphate : PIPs)

リン酸化したホスファチジルイノシトール細胞小器官間での物質輸送において、細胞小器官を識別するための分子として働く。ホスファチジルイノシトールイノシトール環リン酸化されることで生成し、生体内にはリン酸化のパターンの違いによる7種類が存在する。 *1

*1ビタミンE特異的輸送タンパク質α-TTPによる 体内ビタミンEレベルの制御 河野望 新井洋由: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2014/11/86-02-14.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ホスファチジルイノシトールリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-27 (水) 12:43:11