健康用語WEB事典

ホスファチジルコリンヒドロペルオキシド(phosphatidylcholine hydroperoxide : PCOOH)

ホスファチジルコリン酸化生成物。過酸化リン脂質とも。*1*2

ホスファチジルコリン過酸化産物であり、脂質異常症の患者は健常者に比べて有意に高値であることが報告されている。ox-LDL貪食した泡沫化マクロファージにはPCOOHが著しく蓄積することが知られており、これが動脈硬化の初期病巣形成であるとされる。HDLに取り込まれヒドロキシ体に還元される。*3

*1東北大学機関リポジトリTOUR 過酸化リン脂質異性体の精密定量による生体酸化ストレスの評価: https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=70879&item_no=1&page_id=33&block_id=38
*2血中過酸化リン脂質 (PCOOH) のMS/MS分析における注意点と解決法 加藤俊治 宮澤陽夫: https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/11/6/11_221/_article/-char/ja/
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 粥状動脈硬化におけるHDLの脱泡沫化作用への過酸化リン脂質の関与とその画像化 (KAKENHI-PROJECT-13460053): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13460053/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ホスファチジルコリンヒドロペルオキシドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-14 (木) 18:18:47