健康用語WEB事典

ホスファチジン酸(phosphatidic acid : PA)

ジアシルグリセロールリン酸化された有機化合物細胞膜にある様々なリン脂質生合成において中心的な材料となる。*1

ホスファチジン酸の化学構造

Rには脂肪酸が付加する。

細胞が活性化されることで細胞膜リン脂質ホスファチジルコリンなど)の分解によって生じる。Raf-1?aPKCmTORNOX2を活性化する働きがあるとされる。*2*3

*1Phosphatidic acid and lipid-sensing by mTOR. - PubMed - NCBI: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23507202
*2脳におけるジアシルグリセロールキナーゼの機能 白井康仁: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2015/03/86-04-17.pdf
*3愛媛大学 応用化学 分子生命化学分野 Nox2を調節する細胞内分子-ホスファチジン酸: http://www.ach.ehime-u.ac.jp/biotec/PA.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ホスファチジン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filephosphatidic_acid.png 閲覧数 712回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-05 (水) 15:22:20