健康用語WEB事典

ホスフルコナゾール(fosfluconazole)

カンジダ属およびクリプトコッカス属による様々な感染症に対する治療薬。フルコナゾールリン酸エステル化し、水溶性を向上させたプロドラッグであり、体内でフルコナゾールに変換されて活性を示す。商品名はプロジフ*1*2

ホスフルコナゾールの化学構造

主にアルカリホスファターゼによって加水分解され、生体内ではほぼ完全にフルコナゾールに変換される。

注射と経の投与法があり、抗菌スペクトルは狭いが安全性は高いとされる。*3

*1プロジフ静注液100/ プロジフ静注液200/ プロジフ静注液400: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6290402A1026_2_09/
*2深在性真菌症治療薬ホスフルコナゾール(プロジフ<sup>®</sup>)静注液の非臨床試験および臨床試験成績: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/124/1/124_1_41/_article/-char/ja/
*3抗真菌剤の分類とそれぞれの特徴 倉敷第一病院呼吸器センター 副センター長 二木芳人: http://medical.radionikkei.jp/medical/abbott/final/pdf/060609.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ホスフルコナゾールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filefosfluconazole.png 閲覧数 30回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-25 (土) 09:05:34