健康用語WEB事典

ホスホイノシタイド(phosphoinositide : PIs)

ホスファチジルイノシトールの3、4、5位のヒドロキシ基が可逆的なリン酸化を受けて細胞膜にできる8種類のリン脂質の総称。*1

ホスホイノシタイド代謝酵素遺伝子変異が、がん炎症性疾患、神経変性疾患などの原因となることが示唆されている。*2

生体内には数百種類のホスホイノシタイドバリアントが存在すると考えられている。

タグ: 脂質 ホスファチジルイノシトール リン酸化 細胞膜 リン脂質 酵素 総称

*1秋田大学大学院医学系研究科 病態医学制御系 微生物学講座 ホスホイノシタイド代謝の生理的・病態生理的意義に関する研究: http://www.med.akita-u.ac.jp/~bisei/research.html
*2国立大学法人東京医科歯科大学 「疾患関連リン脂質の新規測定技術の開発」 リン脂質代謝を標的とした治療法と診断技術の開発へ: https://www.tmd.ac.jp/files/topics/56670_ext_04_6.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ホスホイノシタイドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2022-01-15 (土) 06:44:38