ホスホマイシン(fosfomycin)

放線菌二次代謝産物として発見された抗生物質細胞壁ペプチドグリカン合成初期段階のエノールピルビル転移酵素?を阻害することで抗作用を発揮する。*1

ホスホマイシンの化学構造

ホスホエノールピルビン酸に似た化学構造を持つため、細胞内でのムレインモノマーの合成過程を阻害する。*2

*1小原康治 橋本一 臨床分離株を中心としたホスホマイシンの耐性機構: https://www.jstage.jst.go.jp/article/antibiotics1968b/49/6/49_533/_article/-char/ja/
*2松山大学薬学部 感染症学研究室 抗生物質マップ: http://yakugaku.matsuyama-u.ac.jp/laboratory/kansensyo/saito/jiang_yi_files/antibio1.pdf

ホスホマイシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filefosfomycin.png 閲覧数 17回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-04-02 (火) 10:12:27