健康用語WEB事典

ホップ(hop)

アサ科の蔓植物。ホップの雌花の中にできるルプリンと呼ばれる黄色い粉上の組織の中に、ビール特有の苦味や香り付けに重要な成分(苦味酸など)が蓄えられる。*1

ホップはロイコシアニジン?ロイコディルフィニジン?などのアントシアノーゲンルチンケルセチンなどのフラボノールを主とし、その他にクロロゲン酸およびクマリン酸系の各種ポリフェノールが含まれる。*2

*1ホップの苦味成分を作る遺伝子を発見 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111227_1.htm
*2フェノール関連物質の微生物生育阻害作用について 東京農業大学農芸化学科 西山隆造 小崎道雄: http://www.teikyo-jc.ac.jp/app/wp-content/uploads/2018/08/journal1991_49-71.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ホップに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-06-26 (水) 07:21:32