健康用語WEB事典

ボタンピ

生薬のひとつ。ボタン科ボタンの根の皮を乾燥させたもの。漢字では牡丹皮

消炎解熱鎮痛止血などの作用を持ち、虫垂炎の治療に用いられる。*1

シキミ酸フェニルアラニンを経由して生合成されるペオノールを主成分とする。*2

*1国立国会図書館デジタルコレクション 牡丹皮の主成分ペオノールの虫垂炎起炎菌に対する抗菌作用: http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10756009
*2国際医療福祉大学 薬学部薬学科 薬用植物園だより(5月号)Vol.24: https://www.iuhw.ac.jp/gakubu/yakugaku/pdf/shokubutsuen_24.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ボタンピに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-17 (日) 10:35:41