ボンベシン様ペプチド(bombesin-like peptide)

ボンベシンに類似したペプチドの総称。細胞表面のGタンパク質共役型受容体リガンドとなり、細胞内のセカンドメッセンジャー系を活性化し、消化管における神経伝達物質として機能する。*1

*1北里大学一般教育部・医療系研究科 研究内容 記憶・学習や社会性を支える神経基盤: https://www.clas.kitasato-u.ac.jp/bio/personal/hamazaki/sub193a.html

ボンベシン様ペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-22 (金) 08:11:39