健康用語WEB事典

ポビドンヨード(povidone iodine)

ポリビニルピロリドンポビドン)とヨウ素の複合体。様々な微生物に対する殺消毒作用を持つ。商品名はイソジン

ポビドンヨードの化学構造

水に溶けにくいヨウ素ポリビニルピロリドンとの錯体とすることで水に可溶化させたもの。殺作用の本体はヨウ素であり、複合体からヨウ素が徐々に遊離することで、ヨウ素の強力な殺力を有しながら組織への障害を抑えている。*1

手術や外傷に対する消毒やうがい薬の有効成分として用いられる。通常、組織への障害を防ぐために10倍以上に希釈して用いられる。*2

*1生体消毒薬の抗微生物効果と細胞毒性 岩澤篤郎 松村有里子 東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科: https://www.thcu.ac.jp/uploads/imgs/20160711050216.pdf
*2希釈調製した0.5%ポビドンヨード液の安定性および各種ポビドンヨード製剤の比較: http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-jjphcs.40.109.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ポビドンヨードに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filepovidone_iodine.png 閲覧数 240回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-11 (火) 13:03:55