健康用語WEB事典

ポリイノシン:ポリシチジル酸(polyinosinic:polycytidylic acid : poly(I:C))

人工的に合成されたdsRNAアナログウイルス由来のdsRNAと同様に、Ⅰ型インターフェロン発現樹状細胞の成熟を誘導する作用を持つ。*1*2*3

poly(I:C)によるⅠ型IFNの誘導にはMDA5が、IL-12p40産生にはTLR3が、IL-6の産生にはMDA5TLR3の両方が必要であることが報告されている。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 魚類の病原微生物特異的な初期免疫応答機構に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-21780194): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-21780194/
*2樹状細胞における細胞表面 MHC-II 分子の発現制御機構 古田和幸: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2014/08/86-01-10.pdf
*3自然免疫におけるウイルス感染認識機構 植松智 審良静男 大阪大学微生物病研究所自然免疫学: http://jsv.umin.jp/journal/v56-1pdf/virus56-1_001-008.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ポリイノシン:ポリシチジル酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-11-25 (月) 10:07:17