健康用語WEB事典

ポリ塩化ビフェニル(polychlorinated biphenyls : PCBs)

ビフェニル水素塩素に置換された化合物の総称。水に溶けにくく、沸点が高い状。ポリクロロビフェニルとも呼ばれる。*1

熱に強く電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定な性質を有することから過去には工業製品などに使われていた。しかし、人体に蓄積して健康上の問題を引き起こすことから、現在は使用が禁止されている。*2

トランスサイレチンに結合してサイロキシンへ送られるのを阻害する。*3

*1慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)「生活環境論」 藤倉まなみ PCB、コプラナーPCBとは: http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2008_25164/slides/10/6.html
*2環境省パンフレット ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の期限内処理に向けて: http://www.env.go.jp/recycle/poly/pcb-pamph/index.html
*3KAKEN — 研究課題をさがす | サイロキシン結合蛋白質との親和性を利用するPCB特異的アッセイ系 (KAKENHI-PROJECT-14042203): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-14042203/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ポリ塩化ビフェニルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-18 (土) 18:41:56