ポルフィロモナス・ジンジバリス(Porphyromonas gingivalis)

口腔に生息する細菌のひとつ。歯周病の原因となる歯周病菌ポルフィロモナス属(グラム陰性偏性嫌気性桿菌)。ジンジバリス菌とも。

歯周病以外の疾患の原因にもなる。アテローム性動脈硬化の病変部位の45%にジンジバリス菌が検出されるという報告がある。また、アルツハイマー病患者の内に検出され、歯周病アルツハイマー病を増悪させることが知られている。*1*2

ポルフィロモナス・ジンジバリスの病原性

ポルフィロモナス・ジンジバリスはプロテアーゼであるジンジパインを2種類産生し、これらによって組織を破壊してLPS骨吸収を引き起こす。また、血液中では炎症性サイトカインの産生を促進する。*3

糖質ではなくアミノ酸タンパク質代謝し、その際に生じる有機酸などが歯周病に特有な口臭のひとつの原因となる。*4

この細菌に一度感染すると、メンブレントラフィックによって歯肉上皮細胞に侵入して細胞内で生息するため、口腔内から除去することは不可能と言われている。また、この細菌によって傷害される細胞には個体差があり、歯周病のかかりやすさは細胞小器官の個体差と言える。*5

ポルフィロモナス・ジンジバリスの生態

ポルフィロモナス・ジンジバリスは栄養源を主にジペプチドの形で取り込んでおり、生存にはジペプチジルペプチダーゼの働きが必要とされる。*6

2015年時点で知られる中で唯一シトルリン化を起こす酵素を産生する細菌であることが報告されている。*7

*1ミニ総説号「プロテアーゼ疾患の分子病態と治療戦略」歯周病とジンジパイン: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/122/1/122_1_37/_article/-char/ja
*2九州大学 歯周病菌の出す組織破壊酵素が脳内ミクログリア活性化の引き金に 〜アルツハイマー病を悪化させるジンジバリス菌の病原因子を同定〜: https://www.kyushu-u.ac.jp/f/31396/17_09_19.pdf
*3歯周病と歯根膜 山本俊郎 金村成智 京都府立医科大学大学院医学研究科歯科口腔科学: http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/119/119-7/yamamoto07.pdf
*4京都大学 微生物感染症学分野: http://www.bac.med.kyoto-u.ac.jp/PG.html
*5大阪大学 大学院歯学研究科 研究活動│予防歯科学教室: http://web.dent.osaka-u.ac.jp/~prevent/research01.html
*6KAKEN — 研究課題をさがす | 歯周病菌ジペプチジルペプチダーゼ遺伝子群の網羅的解析 (KAKENHI-PROJECT-25462893): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25462893/
*7歯周病と関節リウマチ発症との相関を示す — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/150413_1.html

ポルフィロモナス・ジンジバリスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-01 (土) 07:53:36