健康用語WEB事典

マカダミアナッツオイル(macadamia nut oil)

マカダミアナッツの仁(胚乳)から得られる油脂。ローストタイプは香りや色が濃くなる。

脂肪酸オレイン酸が57%、パルミトレイン酸が23%、パルミチン酸が8%。他の食用にはあまり含まれないパルミトレイン酸が豊富で、ビタミンEも含まれる。*1

γ-トコフェロールδ-トコフェロールの含有量が多く、リノール酸が2.0%、リノレン酸が0.1%と多価不飽和脂肪酸が極端に少ないため酸化安定性が高い。*2

タグ: 脂質 油脂 植物油

*1知識ゼロからの健康オイル 幻冬舎 井上浩義(2016/11/10): https://amzn.to/33T3Rad
*2名古屋女子大学 TGを用いた食用油(種子系・ナッツ系)の酸化安定性およびナッツ系油の官能検査 福田靖子 柴田靖史 熊崎稔子: https://nagoya-wu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1664&item_no=1&page_id=13&block_id=17

ご意見・ご要望をお聞かせください。


マカダミアナッツオイルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-16 (金) 17:48:59