マクロアミラーゼ血症

アミラーゼ免疫グロブリンなどと結合して巨大な分子に変化する症状。高アミラーゼ血症の人の0.5~2.5%に見られる。

分子が巨大化したことで、腎臓糸球体を通過しにくくなり、血液中のアミラーゼが増え、尿に含まれるアミラーゼは異常の低くなる。*1

*1マクロアミラーゼとは何ですか?: http://www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/15.html

マクロアミラーゼ血症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:50