マクログロブリン血症(macroglobulinemia)

クリオグロブリン血液中に異常増加した状態。発症は50~60歳代が主で、女性にやや多い。

紫斑関節痛末梢神経障害レイノー現象障害などが起こる。*1

*1クリオグロブリン血症性血管炎(cryoglobulinemic vasculitis: CV)|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000733.html

マクログロブリン血症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-23 (土) 12:17:24