健康用語WEB事典

マタニティブルー(maternity blue)

出産後の女性に起こる一過性のうつマタニティーブルーズとも。*1

3人に1人の割合で起こり、産後の2~数日間に流不安抑うつ気分、集中困難、忘れっぽさなどが起こる。通常、自然に回復するが、一部は産後うつ病に移行する。*2

マタニティーブルーズは数日間でおさまる、もろさや不安緊張など感情の動揺です。5割から8割のお母さんたちが体験し、通常は治療の必要はありませんが、それが長引いた時には産後うつ病の可能性があります。*3

*1国立民族学博物館学術情報リポジトリ マタニティーブルーズと産後うつ病の文化的構築: https://minpaku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1133&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*2大阪市立大学医学部附属病院 マタニティーブルー 毎日新聞 2007年7月7日 大阪朝刊: https://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/public/mnp/utsu-14.html
*3養育者のこころの問題とは | 診療部案内 | 九州大学病院 子どものこころの診療部: http://www.kodomo-kokoro.hosp.kyushu-u.ac.jp/department/parents.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


マタニティブルーに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-01-08 (水) 09:36:18