マムシ毒

マムシが持つ毒素ヘビ毒)。マムシが咬み付いた部位に注入され、数分以内に腫脹疼痛が起こる。手指の先端の場合、2~3時間で手の甲がパンパンに腫れ上がる。重症化するとミオグロビンによる機能障害やショックが起こり致命的。*1

応急処置は静脈圧程度の駆血および絞り出しや吸い出しによる排毒。

*1マムシ咬傷 : 救命救急センター 東京医科大学八王子医療センター: http://qq8oji.tokyo-med.ac.jp/pg-report/821

マムシ毒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-12 (水) 11:29:32