マルトース(maltose)

2つのグルコースが結合した二糖類のひとつ。水飴の主成分。麦芽糖とも呼ばれる。デンプンアミラーゼによって分解されて生じる。*1

マルトースな水中で以下のように平衡し、還元末端を持つため還元性を示す。

マルトースの化学構造と還元末端

体内では、小腸に存在するマルターゼによって分解され2つのグルコースになる。グルコース単体の吸収に比べると、マルトースからできるグルコースの吸収速度は緩やかである。*2

血糖値およびインスリン濃度の上昇がグルコースに比べて少ないため、糖尿病患者や食品の経口摂取ができない者に対するカロリー補給液(点滴)に利用される。*3

通常マルトースと言うと、2つのα-D-グルコースα-1,4結合で繋がったものを指す。α-1,6結合で繋がったマルトースはイソマルトースと呼ばれる。*4

*1福岡大学 機能生化研究室 糖質: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/biochem3.htm
*2血中に投与したマルトースの代謝 東京大学医学部保健栄養学教室 郡英明, (株)大塚製薬工場技術部 武藤泰敏 細谷憲政: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1949/25/8/25_8_641/_pdf
*3旭川医科大学 マルトース注「ダイゴ」: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/3/3233400A3100.html
*4徳島文理大学薬学部 生薬研究所第一研究室 有機合成グループ 2012 生体分子化学: http://p.bunri-u.ac.jp/lab23/esumi/2012BMCtext.pdf

コメントはありません。


マルトースに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filemaltose.png 閲覧数 235回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-19 (日) 09:07:34