健康用語WEB事典

マルピギー層(stratum malpighii)

表皮の深部に存在する、まだ細胞核を持っており、ケラチノサイトに変化していない細胞の層の総称。

角質層以外の顆粒層有棘層基底層の3つのこと。

表皮真皮から剥離して下面をみると、真皮乳頭?に対応する所が凹みとなり、その凹みの間がもり上がった網状にみえるので、これをマルピギー網(Rete malpighii)とよんだのがはじまりである。*1

*1Terminologia Anatomica(TA)に基づく解剖学: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/TA(html)/A16_0_00_009.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


マルピギー層に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-13 (水) 08:55:29