健康用語WEB事典

マンモトーム生検(mammotome biopsy)

通常の細胞診針生検でははっきりしない乳腺疾患の診断のために行われる生検マンモグラフィー超音波検査画像で病変を確認しながら特殊な針(ステレオガイド下吸引式乳房組織生検装置、商品名はマンモトーム)を刺し入れ、針の側面にある吸引口で組織を採取する。*1*2

マンモトームの針は円筒状のカッターとなっており、一度針を刺せば途中で針の出し入れをすることなく、一度の操作で4mm程度の切開創から十分な量の組織を採取することができます。 *3

*1ステレオガイド下吸引式乳房組織生検 橋本秀行 宮澤幸正 鈴木正人 川上義弘 浦島哲郎 桑原竹一郎 岩元興人 関喜隆: http://www.mmjp.or.jp/kawakami-clinic/mammotom/mammotom.htm
*2乳がんの診断・治療|北里大学北里研究所病院(東京都港区): https://www.kitasato-u.ac.jp/hokken-hp/visitor/section/center/breast/contents01.html
*3【特色ある診療~マンモトーム~】熊本大学 大学院生命科学研究部 乳腺・内分泌外科分野: http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/breast/ippan/tokusyoku/ts03.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


マンモトーム生検に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-09-07 (土) 08:27:25