健康用語WEB事典

ミクログリオーシス(microgliosis)

正常な神経細胞などを貪食する活性化型ミクログリア(周辺の何らかの障害によって突起を縮め細胞体部分が大きくなりアメーバ状になったもの)が増生する現象。*1

神経傷害部位における活性化したミクログリアの集簇(ミクログリオーシス)は多くの神経疾患に共通の病理学的特徴であり,慢性的な神経炎症神経変性の主要な病態機序である一証拠とされている.*2

タグ: 神経 貪食 グリオーシス ミクログリア

*1アルツハイマー病の発症にDNA修復酵素であるMUTYHが関与 | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY): https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/706
*2医学のあゆみ 248巻12号 炎症と神経変性 神経炎症とミクログリア: https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/AyumiArticleDetail.aspx?BC=924812&AC=13608

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ミクログリオーシスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-12-29 (水) 06:54:40