健康用語WEB事典

ミコール酸(mycolic acids)

結核菌など抗酸菌細胞壁に含まれる長鎖脂肪酸。天然では最も長鎖で分岐を持つ疎水性脂肪酸主鎖炭素数が約80)の総称。*1

細菌多糖層(アラビノガラクタン)に共有結合して細胞壁格を構築するとともに、を結合した遊離型の形態(ミコール酸含有糖脂質)として細胞壁表層に存在する。*2

結核の治療であるイソニアジドはミコール酸の合成を阻害する。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 抗酸菌細胞壁ミコール酸含有糖脂質の構造解析と免疫薬理学的生理活性に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-60480162): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-60480162/
*2Kyoto University Research Information Repository: 結核菌由来ミコール酸脂質グリセロールモノミコール酸に対する自然免疫応答の解析: https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/199473

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ミコール酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-28 (火) 13:20:58