ムスカリン受容体(muscarinic receptor : mAChRs)

アセチルコリン受容体のひとつ。Gタンパク質共役型受容体に分類される。ムスカリン性アセチルコリン受容体とも呼ばれる。

末梢神経系の神経節心臓平滑筋外分泌腺などの自律神経系の効果器官。*1

以下のサブタイプが存在する。*2

*1http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~vetphar/pdf/3VPharmAANS.pdf
*2認知症や心機能の抑制に関係する受容体の立体構造を世界で初めて解明-より効果的で副作用のない治療薬の探索・設計が可能に- — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120126_1.htm

ムスカリン受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:56