健康用語WEB事典

ムレイントランスペプチダーゼ(murein transpeptidase)

細菌細胞壁の形成における最終段階に必要なトランスペプチダーゼ

N-アセチルムラミン酸に結合しているペプチド鎖末端の2連続したD-アラニンのうちの最後のものと、別のペプチドの中盤にあるL-リジン側鎖からペプチド結合で伸びた5連続のグリシンN末端を付け替える反応を触媒することで、細胞壁の網目構造の構築に関わる。*1

ペニシリンセファロスポリンによって阻害される。

*1創薬科学・医薬化学 (ベーシック薬学教科書シリーズ) 橘高敦史: https://amzn.to/2Mcuj5C

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ムレイントランスペプチダーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-20 (金) 10:56:58